教育実習の一日の流れ・中学校実習の内容を見てみよう

私の教育実習経験に照らし合わせて、中学校実習の1日の流れの例を示します。

中学校に勤務する教育実習生の1日の流れ

7:45 出勤
8:15 職員朝会
8:25 朝の会
8:40 授業開始
12:40 給食
13:05 昼休み
13:30 午後の授業開始
15:30 帰りの会
15:45 清掃
16:00 部活動
17:30 下校時間
18:00 退勤

学校や自治体ごとに出勤時間や退勤時間、授業時間が異なるそうです。

以下の説明で、具体的な実習内容にフォーカスしていきます。




出勤(7:45~)

教育実習生、そして先生としての1日のはじまりです。まずは職員室に入って先生方に挨拶を行い、出勤簿に印鑑を押します。それから必要に応じて教科担当・学級担当の先生と打ち合わせたり、授業の準備を行ったりします。なお、早い日であれば7:30以前に出勤することもあります。

職員朝会・職員勤務開始時間(8:15~)

現職の先生方が挨拶を行い、連絡事項を伝え合います。実習生も先生方の話を伺い、朝の会で生徒に伝える連絡事項を把握したり、指導・支援が必要な生徒に関する情報を共有します。

朝の会(8:25~)

学級担当の先生に付き添い、生徒たちの様子を確認しながら挨拶を行います。健康観察を行い、先ほど職員会議で把握した連絡事項を生徒に伝えます。何日か経つと、担任の先生に代わって実習生が連絡事項を伝えることもあります。

午前の授業開始(8:40~)

中学校の実習生は原則として、教科担当の先生が授業を持っているときには、その授業の見学をしなければなりません。

自分の教科担当の先生の授業を一定期間観察したら、今度は実習生が実際に授業を行います。

教科担当の先生の授業や自分の授業がない場合、教育課程や生徒指導、給食などに関する先生の講話を拝聴します。通常は先生方と実習生の共通の空き時間に講話を行うことがほとんどですが、附属学校のような実習生を多く抱える学校では講話を実習前半にまとめて予定していることが多いです。

授業も講話がない場合、次の授業の準備を行うか、教科指導の準備を行います。

給食(12:40~)

待ちに待った給食の時間ですが、担任の先生にとっては給食時間も指導の一環です。食事のマナーをはじめ、生徒がもつアレルギーにも注意を払う必要があります。実習生は、先生の様子を観察しなければなりません。

昼休み(13:10~)

先生方は職員室に休憩することもありますが、実習生は生徒とコミュニケーションをとるために教室や廊下に居ることが多いです。また、学校によりますが、教室にいて生徒の様子を観察し生徒理解を深めようとする熱心な先生方もいらっしゃいます。

午後の授業開始(13:30~)

時間の使い方は「午前」と同じ。眠そうな子どもや、疲れている子どもも見受けられるかもしれません。

帰りの会(15:30)

実習生の場合、朝の会のときと基本的にすることは一緒で、連絡を行ったり1日を振り返って生徒の前でコメントします。

清掃(15:45)

実習生は生徒が掃除する様子を観察したり、一緒に掃除を行います。掃除が済んだ後は、担任の先生と教室の戸締りを確認し、机や掲示物を整えます。

部活動(16:00)

生徒と一緒に部活動に参加したり、この時間を利用して先生に講話をお願いすることもあります。

職員退勤時間(16:45)

勤務管理上は退勤時間ですが、まだまだ部活動が続きます。

下校時間(17:45)

先生方は、下校指導と戸締りのため校舎の見回りを行います。この間、実習生は学級日誌や生徒たちの学習の記録にコメントを書くなどします。

退勤(18:00

学級担当・教科担当の先生方から1日のフィードバックをいただき、明日の予定を確認します。先生方が保護者の応対などで忙しかったり打ち合わせが長引けば、退勤時間も長引きます。研究授業の前日には、退勤時間が20:00や21:00まで長引くこともあります。

それらが済んだら職員室で挨拶をし、退勤します。

帰宅したのちも、実習日誌を記入するほか、指導案を作成したり授業の練習を行ったりします。大概この指導案作成と授業準備で夜遅くまでかかってしまい、ときに数時間しか眠れないこともあります。




さいごに

このように、ほとんど休む間もなくあっという間に1日が過ぎていきます。

実習日誌がいつ回収されるかは、学校次第です。日誌を学校で書かせて提出させるところもあれば、自宅で書かせるところもあります。

ふと疑問に思った方もいる方もいるかもしれませんが、実習生専用の控え室が用意されるかどうかは、先生方の配慮や空き教室の有無次第です。もし用意されなければ、実習生の控え室は職員室になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする