教育実習中、人前でうまく挨拶をするためのTips

教育実習では実習生が注目される場面がいくつかありますが、そのうち重大なものの一つが、全校や学年での集会の挨拶です。子どもたちや先生方がたくさんいる中での挨拶を、なんとか成功させたいものです。

さて、今回は教育実習のそのような挨拶の場で意識すべきコツ、すなわちTipsをいくつかお伝えします。




ほんの少しだけ演じよう

多くの先生は、子どもたちの注意を引くために自分を魅力的に見せるためにある程度飾ったり、言葉遣いや振る舞いにひと工夫こらしています。実習生の方もほんの少しだけ背伸びをして自分を良く見せると子どもたちが注目してくれるかもしれません。実習生ならばよいのですが、演じるのが苦手な人はほんの少し自分を飾るくらいにするとよいかもしれません。演じるスキルは、小学校はもちろんですが、特に中学や高校でもなおざりにされてはいけないスキルでしょう。

自己紹介では、「好きなもの」を言おう

これは、小学校や中学校の教室での自己紹介で使えるTipsです。実習生が「好きなもの」を打ち明けることで、子どもたちは安心感や信頼感を得られるとともに、共感を誘う役割を与えます。例えば、小学校で「好きなアニメは妖怪ウォッチのジバニャンです」といったことを言えば、妖怪ウォッチ好きの低学年層の子どもたちが親近感を得るのは間違いないでしょう。

簡潔に、文を短くして話そう

特に小中学校の授業においては、誰でも理解できるような簡潔な言い回しで挨拶をしましょう。小学校も中学校だと多くの背景を抱えた児童・生徒がいるため、あまり遠回しな言い方だと理解されないかもしれません。また、1つの文の長さを短くしましょう。1文1文が長ったらしくなってしまうと、退屈さを招いてしまいます。言葉遣いも、年齢相応に変化させなければなりません。

相手の心に残る「感想文」にしよう

ただただ思ったことを述べるだけでは、相手の印象に残る挨拶はできません。相手の心にこたえるような文章で。例えば、読書感想文で評価される人たちの文章は、「ああ、この先生はこんなことを考えているのか」と感心させられるようなものであることが多いです。挨拶も同じ。客観的に自分の挨拶を聞いたときに、「ああ、この人の考えは素晴らしいなあ」と思わせられるような文章にしましょう。ほかの人の前で挨拶をする前に一度挨拶の原稿を書き、自分で読んでみるといいかもしれませんね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする