教育実習のお礼状の書き方を公開!

教育実習でのお礼状の書き方を、解説します。




お礼状の封筒・便箋を用意しよう

まずは封筒と便箋を用意し、封筒に送り先の住所を書きましょう。

のようなフォーマルな手紙のやりとりでは、僕が毎年お礼状を書く際には、縦長の封筒と地味目な縦書きの便箋を用意しています。以下にサンプルを置きました。

各段落の内容を考える準備をしよう

さて、いよいよ便箋に記入していきます。お礼状の文面のアイデアが思いつかない場合、以下の5つの段落構成で書くのが無難でしょう。

①時候の挨拶と近況について
②教育実習のお礼・感謝、先生方から学んだこと
③実習中の学びや反省点、エピソード
④未来への抱負
⑤お祈りと挨拶

上記の構成であれば、最終的に便箋2〜3枚程度の分量になるかと思われます。文章の上手い方や、上記のものより効果的な文章構成が思い立った方は、それを適用するのも良いかもしれません。

校長先生に向けた例文を1つ掲げるので、参考になさってください。
枠内の①〜⑤の番号は段落番号で、上記の記入事項に照らし合わせて振り分けています。

拝啓
①迎春の候、〇〇中学校の皆様におきましては、その後もご清祥のことと存じます。私は教育実習を終えてからは大学へ戻り、研究室にて卒業論文の製作を進めている次第でございます。
②さて、先の教育実習では、〇〇中学校の先生方よりご鞭撻の程をいただきましたことを、誠に感謝申し上げます。3週間を通じ、先生方の生徒の指導への熱意を目の当たりにしましたとともに、校長先生をはじめ先生方より研究授業後に頂戴しましたご指導が強く心に残りました。
③今回が私にとって2度目の中学校実習であり、前回の実習時と比べて経験の量も質も増加したなかで。そのような中、なんとか目標と指導内容が一致するように、そして教科指導や生徒指導の技術を盗めるように努めて参りました。一方、新たな課題にも直面致しました。研究授業を終えた後にいただいたご指導で、目標がそもそも生徒の目標に即しているか、目標設定に無理が生じていないか等の視点の不足が明らかとなりました。私がまだまだ生徒の目線で物事を捉えられていないという証左でしょう。
④この度の実習を通じまして、ますます教職に就きたいという気持ちが強くなって参りました。〇〇中学校の先生方や子どもたちの姿を胸に、来年に控えております教員採用試験に向けて、勉学に励んで参りたい所存でございます。
⑤今後ともますます多忙な日々が続くかと存じますが、どうか体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。

敬具

平成二十九年〇〇月〇〇日
〇〇大学〇〇学部〇〇〇〇〇〇課程  実習太郎
△△中学校校長
▲▲ ▲▲殿
上記の例文では「敬具」の前に1行空いていますが、実際に手紙を書く際には空行はなしにしましょう。また、便箋は縦書きでの使用を想定しているので、ご注意ください。)

上記③の部分は、ちなみに上記に書かれた「ご清祥」とは、「健康であること」を意味する言葉であるようです。

では、このような段落構成に沿って文章を考えていきましょう。

①拝啓と時候の挨拶を添えよう

文頭の挨拶は非常に形式的です。まずは時候の挨拶を述べ、それから相手の近況や体調や安否などを尋ねたあと、自身の近況を伝えます。

僕を担当してくださった先生は、明らかに硬い言葉や表現が好きではなさそうな方でした。そのような方に対しては、あえて硬い文章を避けるのも手だと思います。

なお、時候の挨拶の書き方についてはほかのサイト様に詳しいので、そちらを参照なさってください。(他力本願)

②お世話になった先生への感謝を表し、先生から学んだ点や反省点を書こう

先生方にご鞭撻いただいたことへの感謝を表してから、具体的にその先生や子どもたちから何を学んだのかを述べましょう。アイデアが思いつかない場合、実習日誌に書いてあることを参考にするのも良いかもしれません。

③学んだ点や反省点を書こう実習でのエピソードを1つ書こう

書き手の個性が最も強くあらわれるのが、この段落かと思います。

実習時に印象的だったエピソードについて述べましょう。②の段落をさらに掘り下げて、体験談を交えながら学んだことを説明すると自然な文章になります。また、②とは別に子どもたちとの関わりの中で感じたことを伝えても構いません。

④未来への決意を述べよう

教育実習で学んだことを活かして、これから何に力を入れていくのかを述べましょう。教員になりたい方やなる予定の方はその抱負を述べても良いですし、そうでない方も残りの学校生活や就職先でどのように実習での学びを繋げるのかを書きましょう。

⑤結びの挨拶をし、敬具で文章を結ぼう

結びの挨拶も形式的で、相手方の健康や繁栄・発展を祈る文で終わることが多いです。教育実習のお礼状でも同様に、相手の健康や発展について言及して終わります。

なお、結びの挨拶の例文の書き方についてもほかのサイト様に詳しいので、そちらを参照なさってください。(他力本願)

宛名を書こう

「敬具」を記入した行から1行あけてさらにその次の行に、

  • 日付(西暦か年号・日にち・曜日)
  • 大学名
  • 自分の名前
  • 相手の名前(「先生」か「殿」をつけて)

を記入しましょう。

封筒に宛名を記入し、封筒に便箋を入れよう

封筒に入れる手紙はかならず3つ折りにしましょう。2つ折りにするのは、お葬式の仕様です。

また、先生の宛名を封筒に記入する際は住所の1文字目よりも名前の1文字目を上にして記入しましょう。名前の後に書くのは、「殿」が間違いないでしょう。




教育実習のお礼状の送り先と期限

送り状の締め切りは具体的に設けられていませんが、原則として一週間とされています。もし遅れてしまった場合は、

追伸

教育実習が終了してから久しくご連絡を怠ってしまい、誠に申し訳ございませんでした。

というように、便箋内の相手の宛名の後に追記しておくのがよいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする