徹夜は当然?教育実習がブラックすぎて腹立ってる

これは、個人的にわりと腹立ってることなので、だいぶ殴り書きになるかもしれない。

先日、後輩の女の子がボロボロと泣いて僕に相談してきた。その子はどうやら教育実習をしているところなのだが、実習がとにかくつらいとのこと。

話を聞けば、朝は7時45分には出勤。退勤はその12時間後。クーラーがない中でスーツを着ているため、体育館などで長時間立っていると具合が悪くなる。周囲にはしゃがみ出す人もいる。しかも業務はずっと立ちっぱなし。小学校での実習である故、椅子には殆ど座れない。そして当然、休憩は存在しない。

帰宅後に提出用の実習の日誌を記入し、指導案の訂正をしなければならない。しかし、初めての教室実習で授業は思うように組み立てられず、不安になり、頭もこんがらがり、身体も心も強くない私はとても息が苦しくなる、と。

…話を聞いていれば、色々と思うところはある。

生徒の性格もステータスもろくに知らない教育実習生が、はじめての生徒の前での授業で不安を持つのは当然。大学で授業の案を作成する準備はできた筈。それでも学校側への不満はある。

まず、現役の教師らはろくに実習生の労務管理もできないのか。俺の前の実習先だと、夜8時半とか9時まで学校に実習生を居座らせる教師がいた。そこから指導案を訂正して授業の練習すれば、夜なんてろくに眠れない。あ、「俺らはこんなに遅くまで残業代ナシで働いてるからお前らもそんだけ仕事して当然」とかいう言い訳はナシな。そういう価値観がブラック労働を助長してるわけで。ブラック労働の何が問題なのかはもうイヤほど知れてるし。そもそも週5勤務の現場で休憩ナシに半日近く居させるだけでアウトなんだけど。日誌だって立派な持ち帰り残業だろうし。

しかも、その子の実習先のある教師が、実習生全体に向けて「体調管理はしっかりしろ」って注意したらしい。いやいやいや、あんな湿気も入り放題で熱も篭りやすい場所で、クーラーなしにどうやって体調管理しろって言うの?睡眠時間もろくに与えずに?

もっと言えば、校長。教員が実習生の勤怠管理もろくにできてないのは、校長がろくに教員の労務管理をしてないからじゃないの?

そもそも教師に無駄な仕事を押し付ける自治体や教育委員会、労働問題にろくな対策を講じない文科省もアレだけどな。

つーか労働の場で実習生や研修生を守る法律ができて然るべきじゃねえの?実習生とか新任の教師を鍛えさせる法律ばっか出来てるけど、不当で劣悪な環境で実習生や研修中の教員が勤務するのを防ぐような法律が先だろ。研修も、そういう労働法メインで教えろよ。まあ給料の教職調整額が無くならない限り、そんなことはしないんだろうけど。

教員の質が低下?教師もブラック、実習時点でブラックじゃあ、そら優秀な人材はほかに流れていきますわ。我慢を強いられて働いて、それを同じように実習生に押し付けた結果だろ。離職率が高いのも納得。

しかも、中学高校なら、部活の顧問がができるか否かで教員採用試験の結果が決まるみたいな話も聞くし。教育課程外の部活がメインの業務を圧迫するほどの負担になってる現状に何とも思わないの?まあ思わないから部活ができてかつ素直そうな人間ばかり選んでるんでしょうけどねえ。おかげで自分の専門外の部活動の顧問をさせられて、私生活まで破綻してる先生方もいるみたいですけどね。

教育実習生に向けた現役教師のパワハラ・セクハラも最近ネットのニュースになったし、そろそろ実習先の中にフィジカルもメンタルもやられて自殺者が出る頃では?てか、もう実際に出てるとこもあるんじゃねえの?ドロップアウトする人間がいるのはよく聞くけどね。

ともあれ、先ほど話した女の子の実習が無事終了するかどうか、心配だ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    正直、現場で働く教員は自分の仕事で手一杯。教科指導・生徒指導・担任業務・部活動・分掌の仕事、自分でも数え切れないほど仕事がある。実習生の相手なんかしてる場合じゃないんだよ。たまに教採受ける気もないのにわざわざ実習にくる学生もいるし。大学でどんな指導されてきたんだ?と呆れてしまうような指導案を書いてくる学生もいる。皆が皆そうではないが、何せよ邪魔だなあと思ってしまう自分がいる。

    • Homer より:

      ◯先生、投稿ありがとうございます。

      学校の業務に真剣に取り組んでらっしゃる先生方からすれば、明らかに実習生は邪魔でしょうね。態度や出来が悪ければなおさら。実習やってきた友人とも、「先生にとっては実習生が来るのは面倒だろうね」と話したこともあります。かといって、現に実践が不足している教員養成課程で「実習なし」とすることもできないので、改善の見込みはないのかな、という諦めの気持ちもあります。